【萩市須佐】地元のイカ 「須佐男命いか」の直売と加工体験 【シージョブキッズ 第4弾】

2017-10-12
海と日本PROJECT in やまぐち

シージョブキッズ 第4弾!

シージョブキッズとは、日本財団などが提唱する「海と日本プロジェクト」の一環として開かれたもので、
県内8箇所で海のお仕事の体験ができるのじゃ。
8月6日(日)と8月20日(日)で萩市須佐にある漁港と漁村センターにお邪魔して、
子供たちは地元特産の須佐男命(みこと)イカの直売と加工にチャレンジしたのじゃ。
須佐の地名は須佐之男命(すさのおのみこと)の伝説が由来といわれ、みどり豊かな山々に囲まれ、
日本海の大海原をのぞむ緑と海のふるさとなのじゃ。
その「すさのおのみこと」から名付けられた「男命イカ」は萩市須佐の地域ブラントのイカなのじゃ。
生で刺身にしても、とっても美味しいのじゃが、今回はいか飯にチャレンジするのじゃ!

イカ販売とイカ飯づくりに挑戦!

  1. イカ直売所で販売のお手伝い
  2. イカをさばきます、ムズカシー!
  3. 手作りのイカ飯!味はもちろん絶品です!

朝9:00
須佐漁港と須佐漁村センターを訪れた子どもたち。
大きなたらいの中には獲れたての男命イカが泳いでいます。
まず、体験したのは新鮮なイカを運ぶことから・・・意外に重い!
イカの販売のお手伝いもしました。

そして、まちにまった「イカ飯づくり」に挑戦!
ほとんどの子どもたちが、イカを調理するのが初めて!
墨だらけのイカもご愛嬌!、みんな頑張ってイカをさばきましたよ~。
切ったイカの中にご飯を詰め、味付けをしたら「イカめし」の完成!
歯ごたえのあるイカにふっくらとしたご飯は絶品ですね!

おいしい!!

イベント名シージョブキッズ第4弾 須佐男命イカの直売と加工
参加人数約20人
日程8月6日、8月20日
場所須佐漁港と須佐漁村センター
主催海と日本プロジェクト、シージョブキッズ事務局

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る