下松第2埠頭などで清掃が行われました。

海と日本PROJECT in やまぐち

環境保全のマナーを

  1. 海底清掃
  2. タイヤの引き上げ
  3. 漂着ゴミの分類

瀬戸内の海を美しくする会は9月24日、下松市末武下の下松第2埠頭と岸壁付近の海底を清掃しました。約2時間の作業で海底3トン、海岸周辺1トンの計4トンのごみを回収しました。

会の活動に賛同した地元企業、学校からのボランティアが、岸壁の草地に捨てられた缶や瓶、ペットボトル、ビニール袋などを拾い集めました。

海底清掃ではダイバー5人が水深7mの海底にゴミ箱を入れ、皿や食器、ガスグリルなどの台所用品、パソコンやプリンターなどの家電品、道路標識などを回収、ロープをつなぎ参加者で引き上げました。

イベント名下松第2埠頭海底海浜清掃
参加人数約120人
日程9月24日(土)
場所下松市末武下の下松第2埠頭と岸壁付近
主催瀬戸内の海を美しくする会
協力山口県、周南市、県漁協周南統括支店
ページ上部へ戻る