柳井南中3年生が地魚調理

海と日本PROJECT in やまぐち

フライや塩焼き 1、2年生の分も

  1. 山口県漁協柳井支部青壮年部が新鮮な魚を持ち込みました。
  2. 青壮年部指導の下調理しました。」
  3. 全校生徒分炭火で焼きました。

柳井市の柳井南中学校で、11月15日、地魚料理教室があり、3年生20人が近海で水揚げされたばかりのアジ、サバ、チダイを使った地魚料理作りに挑戦しました。

教室は山口県漁協柳井支部青壮年部が魚食普及を図り、漁業への関心を深めてもらおうと開催。青壮年部9人がアジ、サバ、チダイ約60キロを持ち寄りました。

部員が実演したあと、生徒は慣れない手つきでアジ、サバの三枚おろしを体験し、衣を付けてフライを揚げました。チダイは切り身を炭火で塩焼きにしました。

3年生は、1、2年生の分のフライや塩焼きも作り、給食のメニューに加え、全校生徒が味わいました。

イベント名地魚料理教室
参加人数26人
日程11月15日(火)
場所柳井市立柳井南中学校
主催山口県漁協柳井支部青壮年部
ページ上部へ戻る