【山口市】アナゴ・イカ・エビをさばいて丼(ドン)〈さばける塾〉

2018-10-2
海と日本PROJECT in やまぐち

「魚をさばく」と聞くと、なんだか難しそう、きっと料理上手の人にしかできないこと・・・
って思っていませんか?
いえいえ、そんなこともないんですよ。
しっかり”コツ”をつかめば、きちんときれいに魚をさばくことが出来るんです。
その”コツ”を”親子14組28人が見事!習得しましたよ。
さばける塾 in やまぐちが開かれ、親子で協力しながらアナゴ・イカ・エビをさばき、豪華な海鮮丼を作りました。

さばける塾 in やまぐち 

  1. 親子14組・28人の参加
  2. 講師の指導を受けながらアナゴをさばきました。
  3. イカのさばき方のコツ、わかったかな?

「さばける塾 in やまぐち」今年で3回目となりました。
年々応募者が増えていて、みなさんが魚のさばき方に関心が高いこと強く感じております。
今年もたくさんの応募ありがとうございました。

14組28人の親子が参加した今回は、海鮮丼を作りました。
アナゴ・イカ・エビがのる豪華な海鮮丼です。

講師を務めて頂いたのは、山口調理製菓専門学校の日本料理講師・樋口稔さんです。
まずは、アナゴをさばきます。
普段、アナゴをさばくってなかなかないですよね。
講師の指導を下、ゆっくり丁寧にさばいていきました。

イカは、開き身と足に分けて、下処理を行いました。
子どもたちも、真剣にイカと向き合っていましたよ。

海鮮天丼、完成!家でも作ってみてくださいね。

  1. アナゴ・イカ・エビの海鮮天丼
  2. 自分でさばいて作った海鮮天丼のお味は?
  3. 親子の会話もはずみますね。

エビは背ワタをとり、しっぽの先を少し切り落としてしごき、腹側に包丁目をいれて、まっすぐに伸ばしておきます。
そして、衣をつけて揚げていきました。

完成した海鮮丼。
アナゴはふわふわ、イカ・エビはぷりぷりに仕上がっていました。
見た目からしても、豪華な一品となりましたね。
ん~っ、美味しそう☆

感想は?
「普段子供がエビ・イカをさわる事がないので体験出来てよかった。親自身もアナゴをさばく経験がなかったので新鮮だった。」
「自分で魚をさばくことによって、命の尊さと魚を食することの感謝を改めて感じた。」

魚をさばくことで、改めて海の恩恵に感謝した方もいらしたようです。
親子で台所に立ち、食を通じて会話を楽しむというコミュニケーションの幅が広がりますね。

これを機に、親子で魚をさばくことにどんどんチャレンジしていってください。

イベント名さばける塾 in やまぐち
参加人数親子14組・28人
日程平成30年9月29日(土)
場所学校法人本田学園 山口調理製菓専門学校
主催海と日本プロジェクト

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る