【下関市】捕鯨船団 下関へ帰港

2019-4-22
海と日本PROJECT in やまぐち

IWC=国際捕鯨委員会から脱退し、日本は今年7月商業捕鯨を再開します。
南極海での最後の調査捕鯨を終えた船団が下関に帰ってきました。

最後の調査捕鯨を終え、帰港

  1. キャッチャーボート2隻
  2. 式典の様子
  3. 商業捕鯨の沖合操業の基地へ

3月31日(日)下関には、キャッチャーボート2隻と調査母船・日新丸が入港し、式典が行われました。
船団は、去年12月から南極海で調査捕鯨を行い、クロミンククジラ333頭を捕獲しました。

日本は、IWC=国際捕鯨委員会から脱退し、今年7月から商業捕鯨を再開するため、およそ30年に渡って行われた南極海での捕獲調査は終了します。
また、下関市は商業捕鯨の沖合操業の基地となります。

前田市長は「船団が下関から出港し帰ってくることになりますので。
多くの乗組員が下関に住み、下関を盛り上げてくれるものと期待している。」と、
話していました。

会場では、
「商業捕鯨が再開されるのは、我々の悲願でありますのでうれしく思います。」
「調査捕鯨から商業捕鯨に変わるのに、経験した人がいないのでどうなるんだろうという不安がある。」
「商業捕鯨ということなわけですから、採算ベースで物事がまわりだすように支援していきたい。」

と、商業捕鯨再開への期待と共に不安の声も聞かれました。

調査の副産物であるクジラの肉は、すべて下関に陸揚げされることになっています。

 

 

  • +1
  • 「【下関市】捕鯨船団 下関へ帰港」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://yamaguchi.uminohi.jp/widget/article/?p=1828" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://yamaguchi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in やまぐち</a></iframe><script src="https://yamaguchi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in やまぐち
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://yamaguchi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://yamaguchi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in やまぐち</a></iframe><script src="https://yamaguchi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>