レポート
2024.07.10

【長門市】ムラサキウニがさわやかな味に!!

長門ゆずきちをエサに使うと、ウニの味と香りがさわやかに?
そんな驚きの研究成果が発表されました。

こちらは長門市などで水揚げされたムラサキウニ。  
このウニに2週間ほど特産の長門ゆずきちをエサとして与えたということです。

厄介者のムラサキウニに長門ゆずきちを与えると・・・

果たしてどんな味がするのか?
記者が一口食べてみると・・・「酸味が、あ!香りが長門ゆずきち。」と驚きの表情。  

山口県水産研究センターでは、ムラサキウニにコンブを半年ほど与えて身入りを改善させたうえで、長門ゆずきちを与えたということです。  

いわゆる “磯焼け” の原因とされている厄介もののウニを使うため、藻場の回復にもつながるということです。

県水産振興課の久村悠貴主任は「磯焼け対策としてウニの駆除をしている。駆除するだけでなくブランドとして漁業者の収入源になってほしい。」と話していました。  

山口県では引き続き県内産の農産物を使うなどして新しい商品化につなげていきたいとしています。

長門ゆずきちは、カボスやスダチの仲間で、山口県オリジナルの柑橘類です。
さわやかな香りとまろやかな酸味が特徴です。

次なる組み合わせは何でしょう?
研究ってワクワクしますね。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

【長門市】クジラの新メニュー21品がずらり
レポート
2024.07.10

【長門市】クジラの新メニュー21品がずらり

【周防大島町】海ごみゼロを目指して海岸清掃
レポート
2024.07.02

【周防大島町】海ごみゼロを目指して海岸清掃

ページ内トップへ