【長門市】懐かしい味 くじらの肉を堪能

2017-10-17
海と日本PROJECT in やまぐち

敬老の日特別企画!
近代捕鯨発祥の地・長門市で市内全ての特別養護老人ホームに、
クジラの肉のプレゼントじゃ!
わし(海口ケンノスケ)も昔はよく食べておったから、懐かしいのぅ。
わしでさえ、懐かしいのじゃから、クジラ料理をプレゼントされた老人ホームの方々は
それは美味しそうに懐かしさを感じながら、食べておったぞ。

懐かしい味!クジラ肉

  1. 長門大津くじら食文化を継承する会
  2. 長門通(かよい)地区に伝わる「鯨唄」
  3. 獲れた鯨は柔らかな竜田揚げとステーキに

長門市はかつて、古式捕鯨で栄え、近代捕鯨発祥の地です。
毎年、「敬老の日」前後にお年寄りに懐かしい味を楽しんでもらおうと、
「長門大津くじら食文化を継承する会」が調査捕鯨で捕れた
鯨を長門市内の特別養護老人ホームにプレゼントしています。

長門市内通(かよい)地区に伝わる「鯨唄」の保存会のメンバーが
昼食前に2曲披露したあと、南極海の調査捕鯨で捕れた
ミンククジラの「赤肉」36㎏が調理されました。人数で換算すると、
約800人分です。
食べやすいように、柔らかな竜田揚げとステーキに調理され、
お年寄りたちは懐かしそうにゆっくりと味わっていました。

「長門大津くじら食文化を継承する会」では調査捕鯨が行われる限り、
この取り組みを続けていくことにするそうです。

 

 

 

 

イベント名クジラ肉のプレゼント
日程9月11日
場所長門市内全ての特別養護老人ホーム

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る