【防府市】海に行こうよ♪うみダンス

2018-10-17
海と日本PROJECT in やまぐち

お待たせしました。
うみダンス☆第三報です。
今回ダンスを披露してくれたのは、防府市の玉祖幼稚園・年長さん52人です。
園庭が、あれあれっ?たちまち”海のステージ”になりました。
みんなも、魚、カニ、クラゲになってダンス♪ダンス。
元気で楽しいダンスをありがとうございました。

年長52人のうみダンス

  1. 完璧に踊れるよ!
  2. お面は園児たちの手作り
  3. 小物も楽しい!可愛い!

防府市にある玉祖幼稚園です。
年長52人の園児たちが、うみダンスを踊ってくれました。

夏頃から幼稚園やお家で練習してくれたそう。
みんなのお気に入りは、「マル~」「バツ~」というところ。
手や足を大きく動かして、楽しさを体全体で表現してくれました。
みんな、完璧です!
頭につけている、園児たちが作ったお面も可愛いです。
カニ、タコ、クラゲ、カメ・・・などなど、上手に描けていますね。

園児たちのダンスを盛り上げていたのが、
ヤシの木が生えている島、カニが住み着いている岩、そして海の生き物に変身していた先生たち!
園庭を”海のステージ”に見立てるアイデアには、驚きでした。

ダンスをきっかけに海の話をたくさんしました。

  1. うで飾りはキラキラ☆波だよ。
  2. 紙芝居で海のことを考える。
  3. ゴミは捨てちゃいけないね。

うでにつけていたキラキラは、きれいな波・海をイメージしたものです。
太陽の日差しを受けて、きれいな海が見事に広がっていました。
見てみて~!と、何度もダンスを見せてくれる園児たち。
一生懸命で元気なダンスをありがとうございました。

ダンスのあとは、「うみのまんまるえがお」の紙芝居です。
「海にゴミを捨てちゃいけないね。」
「大人にも注意したいな。」と、一人一人が海について考えたようです。
楽しい海のダンスをきっかけに、海のことについてたくさん話をしてくれました。
「夏休み、海に行きましたか~?」の質問に、
「この夏、海に行ったよ!」という園児は、半数以上でした。
県内の海水浴場に出かけて、たくさんの思い出ができたようです。
その海が、思い出と同じようにいつまでもきれいで輝きつづけてほしいものです。

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る